透明肌,美白

透明感のある肌とは

透明感のある肌とは、光をたくさん反射してくれる肌の事です。

潤いを感じ、毛穴の目立たない、シミやそばかすなどがも目立たない肌も、透明感のある肌と言われます。

肌の色自体の事ではないので、色黒な方でも肌の透明感がある人はたくさんいます。

極端に言うと、赤ちゃんのような、混じりけのない綺麗な肌を透明感と言います。

年齢を増してくると、色んな外的刺激の影響で、どうしても透明感が無くなっていきます。

年齢を重ねる理由が原因なので、仕方のない事だと思う方も多いと思います。

何もケアをしないで放っておくと、どんどん透明感の無い肌になってしまいます。

年齢に合わせたケアをしていき、いつまでも透明感のある素敵な肌になりましょう。

肌の奥まで届き、肌表面まで戻れる光反射が大事

光の反射は、光を受けた時に1度肌の奥まで光が行き、それが肌表面に戻っていきます。

くすみのない透明感のある肌は、その光がムラが無く均一に戻ってくるので、肌全体が均一に明るく見えて透明感を感じます。

クスミのある肌は、その光が均一に戻ってこないので、色むらを感じクスミを感じてしまいます。

表皮は、細胞が綺麗に詰まっていて、キレイに並んでいるのが正常です。

健康じゃない肌は、細胞の大きさがマチマチだったり、きちんと並んでいません。

それらが、肌の中で乱反射をしてしまって、奥まで光が届かないという事になります。

透明感を出す為には、細胞を均一にしキレイに並べてあげなければなりません。

透明感のある綺麗な肌の女性は、女性らしさ

顔は、顔のつくりや顔のスタイルも大事ですが、肌を重視する人は思いの他多いそうです。

女性の肌の劣化に、とても目がついてしまう男性も多いそうですよ。

肌は、人の性格や雰囲気を出す看板のようなもので、他人や男性は、自分に無い、そういう綺麗な肌に女性らしさを感じて、魅力を感じるそうです。

いくら髪形やファッション、メイクを綺麗にしていても、肌がダメなら全てがダメに見られるそうです。

それだけ、肌の透明感は必要という事になります。

お肌がワントーン暗くなると、いつもに合っていたファッションでさえ似合わなくなったり、どこかしら元気が無いようにも見えてしまいます。

濃いメイクは避けましょう

肌にくすみや陰りがあるので、年齢を増していくと、どうしても濃いメイクで隠しがちになってしまいます。

メイクは強い油分や成分をたくさん含んでいます。

メイクを過剰にたくさん肌に乗せてしまうと、肌が窮屈になり、肌トラブルを起こしやすくなってしまい、どんどん美白から遠ざかってしまいます。

肌の透明感を出す為には、メイクで肌に負担をかけないようにし、美白クリームでお肌に白を作っていきましょう。

肌が呼吸しやすい事が大前提なので、ナチュラルメイクなどをし、肌に呼吸を常にさせてあげるようにしましょう。

ミネラルファンデーションなどは、肌の呼吸を妨げないので、とても良いファンデーションです。

濃いメイクをなるべく避け、いつまでも透明感のある肌を保つようにしましょう。